認知症の種類

レビー小体型認知症

レビー小体という特殊なタンパク質が大脳皮質に増えてしまうことで起こるのが、レビー小体型認知症。これは、幻視を伴うことが多い認知症。 レビー小体が脳幹に出来てくるのが、パーキンソン病、身体がこわば ...

アルツハイマー型認知症

頭部の画像検査をすると脳が萎縮していることが解ります。 萎縮の原因は脳のなかにβアミロイドタンパク質とタウタンパク質画増え、脳細胞が死滅していくことです。 βアミロイドの増殖がどうして起こるのかは ...

レビー小体型認知症

日本ではアルツハイマー病、脳血管性障害、に続き3番目の原因になっています。 特徴的なのが、現実にはないものが見える「幻視」 や動作が遅くなる、転びやすくなる「パーキンソン様症状」です。 レ ...

まだらぼけ

脳血管性の場合、まだらぼけ、といわれる症状があります。 しっかりしたところとできないことが共存している症状です。 それでも感情障害が現れやすく、泣き出したり、怒りっぽくなったりと不安定です ...