認知症は脳の中に異常なタンパク質が増える

認知症のアルツハイマー病は、脳の中に異常なタンパク質が蓄積されることによって起こる。脳血管性認知症は脳梗塞によって起こる。これらは老化するとでてきやすいのだが、当院の気功整体は脳の中の異常なタンパク質を減らし脳血管を繋ぐ効果をもたらすようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事