脳の炎症により認知症を引き起こす!

病気は、大きく言えば「炎症」と「腫瘍」ですが、認知症も脳の神経細胞が活性酸素や老廃物によって慢性的「炎症」が起こっているのです。

自分の体内にどの程度の「炎症」があるかを知るには「CRP(C反応性タンパク)」というマーカーが参考になります。

CRPは血液検査を依頼すれば、どこの病院でも調べられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事