細胞レベルの話

アルツハイマー型の認知症は、脳にアミロイドβという異常なタンパク質が付着し、徐々に脳神経を壊していく病気です。このアミロイドβは単独でなくアルコール脱水素酵素(ABAD)というタンパクとミトコンドリア内部で結合する事で毒素が発現する事がわかってきました。

そういった現障がなぜ起こるのかは、ミトコンドリア内の機能低下が背景にあり、活性酸素がこれを起こしているということが明らかです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事