レビー小体型認知症

レビー小体という特殊なタンパク質が大脳皮質に増えてしまうことで起こるのが、レビー小体型認知症。これは、幻視を伴うことが多い認知症。

レビー小体が脳幹に出来てくるのが、パーキンソン病、身体がこわばる、動作が遅い、ころびやすいなどの症状がでてくる。

どちらもウツ的な傾向性がでてくる。

当院の気功は、その異常なタンパク質を消滅させていく働きがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事