転倒予防に気をつけて

老年症候群で一番気をつけなければいけないことに転倒があります。転倒した際に骨折してしまうのです。大腿骨頸部骨折です。年間10万人以上の方が歩くことが難しくなり、そのまま寝たきりの原因となってしまいかね ...

脳血管障害を防ぐ

脳血管障害とは、脳卒中のことで、脳出血・脳梗塞・くも膜下出血があり、死亡理由の3位にあげられています。また、助かってもその後、認知症になるケースが多くみられます。 私も脳出血になり、一時は声も出 ...

レビー小体型認知症

レビー小体という特殊なタンパク質が大脳皮質に増えてしまうことで起こるのが、レビー小体型認知症。これは、幻視を伴うことが多い認知症。 レビー小体が脳幹に出来てくるのが、パーキンソン病、身体がこわば ...

細胞レベルの話

アルツハイマー型の認知症は、脳にアミロイドβという異常なタンパク質が付着し、徐々に脳神経を壊していく病気です。このアミロイドβは単独でなくアルコール脱水素酵素(ABAD)というタンパクとミトコンドリア ...

失禁について

認知症の方の困りごとの中に「失禁」があります。オムツを使って、大騒ぎせず、叱らず、羞恥心・自尊心を傷つけず、などと介護の対応マニュアルとありますが、まずは失禁しないよう頭の活性化を図ってみてはいかがで ...

治る認知症

ステロイド剤や心臓病で使われるジギタリス剤、または、胃潰瘍薬、抗がん剤などで認知症になることもあります。薬は怖いですね。その他ビタミンが欠乏したり、鉛・水銀の中毒でも原因になることが。